e0308302_12395394.jpg

ポワン・ド・ローズと呼ばれるレースの飾り襟(カラー)です♪

ポワン・ド・ローズはベルギーで作られたレースで
フランスのアランソンレースの技法を簡略化したもの。

基本となる「ボタンホールステッチ」をアランソンレースより
幅を太く、そして間隔も広くしたものです。

簡単に言うと、アランソンレースとは姉妹のようなものです。

040.gif真面目で几帳面な姉(アランソンレース)と

070.gif陽気で楽天的な妹(ポワン・ド・ローズ)という感じでしょうか。。


e0308302_12505744.jpg

ボーダーレースは同じ柄が繰り返しつながっていくのに対して、
飾り襟は全体で一つのデザインとして編まれているので
私にとってとても魅力的です♪

それぞれの部分で模様が違っていて、見ていてとても楽しいのです。


e0308302_1312945.jpg

バラの花びらの部分が2重、3重となっているものだけが
ポワン・ド・”ローズ”と呼ばれています。

この部分に香水をしみこませたコットンを入れ、
その香りで男性を魅了した、なんてことも言われています。


柔らかな手触りと、華やかなデザインにバラの花。。

私の心を魅きつけてやまない大好きなレースなので
このブログの著者名に使わせてもらっています053.gif
[PR]
# by point-de-rose | 2013-09-18 13:17 | ポワン・ド・ローズ

貴婦人のティークロス♪

e0308302_71343.jpg

貴婦人の刺繍が施された、真っ白なリネンのティークロス♪


テーブルクロスの中でも、特にティーセットがちょうど収まる大きさで
ティーセットを置くために作られたテーブルクロスのことを
ティークロスといいます。


真っ白なクロスは清潔感もあり
ティーセットを明るく輝かせてくれますね072.gif


e0308302_7252957.jpg

貴婦人の髪やドレスなどが、ひとつひとつ綺麗に立体的に刺繍されています。

アイシャドーというか目元のくぼみの影の部分までも刺されている丁寧さ~!!!


貴婦人刺繍のバックにはドロンワークの一種
(糸を抜いてかがった刺繍)
が施されていて、ここから微かな光が差し込み
彼女を浮き上がらせ、リネンも更に爽やかさを感じられます。。


アンティークマーケットでティーカップを専門に打っているマダムから
普通のテーブルクロスのお値段で譲っていただきました♪♪♪


もう一枚貴婦人刺繍ののテーブルクロスがあるのですが
そちらはちょっと貴婦人の姿がマンガチックというか
乙女チックというか。。。
またそちらもご紹介したいと思います!


もうすぐ9月。
秋になって、ティーセットをつかって
温かい紅茶をいただく日が増えるといいなぁ~053.gif
[PR]
# by point-de-rose | 2013-08-31 07:41 | スイス刺繍

レースのある風景~Love of Lace


by point-de-rose